So-net無料ブログ作成

王国通信 Vol.06 大地の恵みを守る『国王』の仕事 [プレイングガイド]

農場副代表の制服を着た広報局員今回は『ワールド・ネバーランド~ククリア王国物語~』における「国王」の仕事と務めについて紹介します。

政を司るだけでなく、大地の恵みを守る力を持つ「国王」は王国にとってとても重要な存在です。
国王とその家族は王国の中心にそびえるククリア城で暮らしていますが、成人し結婚した王族は王位を継がないかぎりは市井の人々と同じく生活しています。王位継承権は長子である王太子(王太女)が第一位ですので、国王を目指すのであればまず彼らとの恋愛を成就させないといけません。


【王の仕事
王は国内で開かれる様々な行事でお言葉を求められます。国王がいないと中止になる祭事もありますので、楽しみにしている国民のためにできるだけ参加してください。
また王城で開かれる円卓会議では、国王と各職の長が集まって国民生活にかかわる様々な事を多数決で決めています。この多数決が同票となったときは、国王の意志によって決定される仕組みになっています。

 

国王の居室とお仕事



【大地の恵みを守る国王の務め
ククリア王国の国王には、この国ならではの重要な役割があります。
それは東の森に繁る「ゲーナの樹」を退治することです。

「ゲーナの樹」は大地の力を吸い取り障気を吐き出す不気味な植物で、やがては強大な力をもった魔獣を王国に招き寄せる危険な存在です。魔獣を倒すのは「戦士」達の役割ですが、魔獣に力を与える「ゲーナの樹」には戦士達の力も及びません。建国の昔から王国に伝わるひとふりの剣だけが「ゲーナの樹」を退治できますが、それを振るうことを許されるのは、神より聖剣を託されたククリアの王ただひとりなのです。

なお「ゲーナの樹」は倒してもやがて再生するだけでなく、放っておくと成長してなかなか退治できなくなるのが厄介です。強い国王なら成長した「ゲーナの樹」も倒せますので、国王は即位しても文武両道で頑張ることになるでしょう。
「ゲーナの樹」退治

 


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

トラックバック 0